仕事転職

転職で妥協して失敗したくない人がするべき3つのこと。絶対に負けない転職!

f:id:ukyan4869:20171220230216j:plain

転職でたいせつなことのひとつに「妥協しないこと」があります。

仕事を選ぶときに基準にすることって人それぞれですよね。

 

  • 譲りたくない条件はなにか
  • 少しは妥協したほうがいいのか
  • 妥協できるところって?

こんな問題にぶつかって、転職がなかなか進まないという人は多いんじゃないでしょうか?

 

転職だけじゃなく、なにかを選ぶときに「妥協点」ってすごく難しいところですよね。

あとあと後悔したくないという思いから慎重になってしまいます。

 

この記事では、転職を考えているor転職活動中の人に向けて「転職で妥協して後悔しない方法」を書いていきます。

 

  • もう転職をくり返したくない!
  • 後悔したくない!
  • 理想の会社で働きたい!

という人は必見ですよ。

 

 

 

大事な転職で妥協したくない!

転職をするにあたっては誰もが「本気」だと思います。

転職はこれで最後にして、自分に合った仕事を続けていきたい、とか。

今よりレベルアップしてもっとやりがいを感じたい、とか。

 

転職はイコール挑戦。

今のままじゃいけない、という意識を持った人が転職しようと思うわけです。

それで人生が変わってしまうかもしれないほど大事なこと。

 

そんな転職だから、当然ぜったいに失敗したくないですよね。

転職に失敗してまた転職、なんてことになったら最悪です。

 

転職の失敗っていうのはつまり「後悔すること」だと思っています。

  • 転職なんてしない方が良かった
  • この会社にしなきゃ良かった
  • 転職をやり直したい

こんな風に思ってしまうことです。

 

後悔する原因は「まあいっか」という妥協です。

どこかで自分の理想をあきらめて、それが後悔につながります。

後悔しないために妥協しない転職をしたいですよね。

 

妥協して後悔したことベスト3

f:id:ukyan4869:20170912232153j:plain

転職するとき、妥協しがちなことってなんでしょうか?

もしくは、「妥協したくなかったけどしてしまった」こと。

 

そういうものこそが後悔につながる妥協なんですよね。

妥協して最も後悔することを3つ挙げてみます。

 

給料

まずはこれ、給料ですね。

「給料が低い」というのは、そもそも転職する理由であることが多いと思います。

 

でも給料が低いから転職するのに、結果そんなに給料は変わらないような会社に落ち着いてしまうパターンが意外とあります。

きっとそれ以外の条件がなかなか叶わず、給料を妥協することになるんでしょう。

 

でもそれだと転職後に給料が低いことがまた嫌になってきます。

給料は生活に直結してるのでどうしても妥協しきれないんですよね。

それで2度目の転職をするのがオチ。

 

仕事内容

転職するのに業界研究や会社研究を甘くすると、仕事が思ったのとぜんぜん違うことがあります。

「事務職ってこんなにいろんなことするの?」「自分の経験の範囲外で困った」など。

 

仕事は変わっても覚えればいいという考えもありますが、それが難しいこともありますよね。

そもそも自分がまったくやりたくないことだとやる気も起きず、なんでやってるのか分からなくなってしまうんです。

 

残業

残業がないもしくは少ないと思って就職したら毎日のように残業があった。

これも転職する人に多い理由です。

 

転職後の会社でもこのパターンになるというのはよくある話。

同じことをくり返し、また残業を理由に転職活動を始めることになってしまいます。

 

妥協は必要?妥協点の決め方は?

あとで後悔しないためにも、妥協点はしっかりと決めておかなければいけません。

じゃあなにを基準に妥協点を決めればいいんでしょうか?

 

転職者は「ここは妥協しないぞ!」という条件をあらかじめ決めているはず。

でもその決め方をそもそも間違えると、後悔する結果になるんです。

 

どうやって妥協点を決めたら失敗しないのか、大事なことをまとめました。

なかなか候補を選べないという人は参考にしてください。

 

妥協しない点

妥協しない点をまずはしっかり決めなければいけません。

そのために、あなたが転職したい理由をすべて書き出してみましょう。

 

とりあえず思いつくままに一気に書いて、そこから転職の理由として強いものから順位をつけていきます。

上位にきたのが似たようなことならそのジャンルに関しては妥協しないと決めます。

 

  • 帰りが遅い
  • 休日出勤が多い
  • 残業代が出ない

たとえば、上位がこれらなら、「労働時間が長くない」というのを妥協しない点に。

ほかの条件が微妙でも、そこだけはゆずらないことにするんです。

 

上位にきたものがバラバラなこともあると思います。

そういう場合は妥協しない点は2つに絞りましょう。

 

  • 仕事が好きじゃない
  • 給料が安い
  • 人間関係がつらい

なら、この中から2つを選んで妥協しないことに決めるんです。

 

妥協してもいい点

続いて妥協してもいい点の決め方。

これは本当に簡単で、先ほど決めた「妥協しない点」以外のことはすべて妥協してもいいということにします。

 

「え、そんなに妥協していいの?」と思うかもしれません。

大事なのは、それ以外は妥協してもいいという考え方でいることです。

 

実際には、妥協はできるだけしないというスタンスでいます。

転職先に迷って初めて「妥協してもいい点」を思い出すわけです。

どうしても決められない状況になったら妥協は必要ということ。

 


転職で失敗したくない人がするべき3つのこと

f:id:ukyan4869:20171001135247j:plain

  • できるだけ妥協しない
  • 早めに転職活動を終わらせる
  • 転職後に後悔しない

こんな転職ができたら成功と言えますよね。

 

転職で勝って、あなたがレベルアップするためには何が必要なんでしょうか?

最後に、転職で失敗しないために絶対にするべきことを3つ書いていきます。

 

転職の目的を明確にする

なぜ転職するのか、転職してどうなりたいのか、きちんと説明できますか?

目的がしっかり決まっていないと、転職活動中にブレてきてしまいます。

 

「なんのために転職をこんなにがんばっているの?」

という状態になってしまったら、のチベーションを保つことはできません。

 

転職先が決まるまで全力で走り抜けるために、目的をちゃんと決めておくことは必須です。

今回の「妥協点を決める」というのもこの中に入っていますね。

 

口コミチェック

就職後や転職後によく聞くのが「こんなはずじゃなかった」ということ。

入社前の情報やイメージとまったく違った。

こんなんじゃ自分の理想の働き方ができない!

 

こういった問題を防ぐ方法が、口コミをくまなくチェックするということ。

実際に働いている社員の評判をみるかどうかで転職先選びはかなり変わってきます。

 

口コミサイトを隅々まで読んで、就職後に生まれがちなギャップを少しでも少なくしましょう。

これがなくなれば後悔する転職をすることはなくなるんです。

 

徹底したリサーチ

当たり前のことですが、口コミだけじゃなく会社のことに関してはなんでもリサーチが肝心。

ちょっとしたことも見逃さないくらいに、リサーチに力を入れるべきです。

 

1文の読み落としで会社のことを誤解してしまうことがあります。

ただ、リサーチってとにかく時間がかかるんですよね。

効率的に情報収集するために、転職サイトをつかうのは必須。

>>女性の転職に役立つサイトはこれ!

 

正しい妥協で負けない転職!

いかがでしたか?

転職者のすべてが「ぜったいに妥協したくない!」という思いなはず。

でも実際、一切妥協しないとなると転職活動がいつまでたっても終わりません。

 

つまりどこかで妥協するしないの選択に迫られてしまうわけです。

そんなときに後悔しない選択ができるように、妥協点を決めておくことが大事だという話でした。

 

転職と妥協ってすごく難しい問題で、そのはざまで揺れ続けてしまう人がたくさんいるんですよね。

そんな状態でストップしてしまわないためにも、口コミサイトや転職サイトを活用することを強くオススメします。

 

あなたにとって一番正しい選択をして、後悔しない転職をしませんか?

理想の会社でスキルアップをしていく未来が見えてくるはず。

転職サービスを駆使して、勝つ転職をしましょう!

 


返信を残す

必須項目には印がついています*